H.I.S.アメリカ発の
総合旅行サイト

 

一覧へ戻る

サンフランシスコの基本情報/お役立ち情報

サンフランシスコの基本情報 / お役立ち情報が満載。旅行の前にチェックして楽しい旅行に備えよう!

基本事項

- トラブル・治安 -

【治安】
サンフランシスコは、アメリカの他の都市に比べて比較的安全な街です。しかしながら、あくまでも日本ではなく外国であることを忘れずに、十分に注意して下さい。アメリカではどの州においても、比較的治安の良い地区と悪い地区があります。雰囲気が良くないと感じられる所へは行かず、特に繁華街や混み合った所でのスリや置き引きには気を付けるようにし、また、忘れ物をした場合に出てくることは稀なので、貴重品やその他の持ち物には十分注意して下さい。

【観光の時の注意】
★パスポート番号・トラベラーズチェック番号・滞在地での緊急連絡先(領事館・宿泊ホテル)・血液型・持病等はメモに控えて置くことをお薦めします。
★危険と感じられる区域・箇所に立ち入ることは避けるようにして下さい。
★日本語を使い気軽に声を掛けて来る人などには対応しない様に気を付けて下さい。
★道に迷った時は、警察官やガードマンもしくは近くのお店等で道を尋ねるようにして下さい。

【緊急連絡】
アメリカの日本でいう110番は、911番にあたります。911をダイヤルすれば、オペレーターが、警察、消防、救急などに連絡をとってくれます。病気や怪我の場合(医者の診断が必要な場合)には、日本でご加入された海外旅行保険のサポートセンターに電話をして、最寄の提携病院や医者を紹介してもらいましょう。

【パスポートを失くした場合の連絡先】
在サンフランシスコ日本国総領事館
50 Fremont St. Suite 2300
San Francisco, CA 94105
TEL:415-777-3533
月~金:9:30AM-12:00PM, 13:00PM-16:30PM

貴重品の取り扱い

- トラブル・治安 -

【ホテルでの注意】
パスポート、帰りの航空券、お財布は旅行中に最も大切なもの。スリや置き引きに遭いやすいケースとしては、ホテルのチェック・イン、チェック・アウトの際に荷物から目を離している間に盗まれてしまうといったケースです。自分の荷物からは目を離さないように心掛けて下さい。

貴重品を部屋に置いておく場合も、スーツケースやバッグを開けたままにせず、施錠するか貴重品だけはお部屋にあるセーフティーボックス、もしくはホテルフロントに預けるなどの対策を心がけましょう。

【車での注意】
1)地図やガイドブックはダッシュボード、旅行鞄やスーツケースなどの全ての荷物はトランクなど外から見えない所に入れて下さい。
2)お金やカメラなどの貴重品を始め、鞄や買い物袋などは絶対に車内に放置しないようにして下さい。
3)車を離れる時は、必ずロックをし、全ての窓も閉めて下さい。
4)駐車する際は、明るく、人通りの多いエリアを選ぶ様にして下さい。

【クレジットカードを失くした場合】
クレジットカードを失くしたか盗まれた場合は、直ちにクレジットカード会社の緊急連絡センターに連絡して下さい。悪用される可能性もあるので、警察に届けるよりも前にカードを無効にしてもらう手続きを行うことが大切です。カード番号やカード会社の連絡先は、旅行前に控えておきましょう。

【パスポートを失くした場合の連絡先】
在サンフランシスコ日本国総領事館
50 Fremont St. Suite 2300 San Francisco, CA 94105
TEL:415-777-3533
月~金:9:30AM-12:00PM, 13:00PM-16:30PM

2

  • 1

この都市の
現地情報はこちら

to TOP