アメリカのワイナリー

アメリカは、フランス、イタリア、スペインに次ぐ世界第4位のワイン大国。その中心となるのが、質、量ともにアメリカ1位を誇るカリフォルニア州のワインです。  1960年代に始まったカリフォルニアの高品質ワイン醸造ですが、「所詮アメリカの大量生産ワイン」というレッテルが拭えない時期が続きました。 ところが、1976年にフランスで開催されたブラインド・テストにて、赤・白ワインの両方で1位を獲得したのが、当時無名だったカリフォルニアワイン。 「パリスの審判」と呼ばれるこの事件をきっかけに、国際的な知名度と人気を高めることになります。カリフォルニアだけでなく、北はオレゴン州・ワシントン州、 東ではニューヨーク州のワインも定評があり、アメリカ各地で様々なワインが作られています。



napavalley

ナパ・バレー

サンフランシスコから約100km、車で1時間半ほどの場所にあり、400軒以上ものワイナリーが集まる生産地です。 生産量は比較的少ないのですが、品質に拘った世界最高級のプレミアムワインが多々生産されています。 ナパバレー の中でも北部と南部では気温差があり、同じブドウの品種であっても栽培されたエリアによって違った味わいになります。色々なワイナリーに訪れてお気に入りの一本を見つけてみてはいかがでしょうか?

ナパ・バレーのワイナリーを巡るオプショナルツアー

ナパ・プレミアム ワイナリーツアー
サンフランシスコ発
ナパ プレミアム ワイナリーツアー

ワイン好きの方には是非訪問して頂きたい、4箇所の厳選ワイナリーを巡ります。ナパ・バレーの美しい田園風景とワインを思う存分ご堪能下さい!

ケンゾーエステイト
サンフランシスコ発
ケンゾーエステイトと厳選ワイナリー巡り

東京・大阪にテイスティングルームを持つ、ナパの日本人経営 ケンゾー・エステイト。広大な敷地から採れる厳選したブドウで造られた一流のワインは格別です。

ナパ ワイントレインツアー
サンフランシスコ発
ナパ ワイントレイン ツアー(展望車指定)

ナパのブドウ畑とワイナリー間を走って往復するアンティーク列車・ワイントレイン。最高の景色と共に、スパークリングワインと新鮮な食材を用いたランチをお楽しみください。

ナパ・バレーのワイナリーツアーをもっと見る▶︎


temecula

テメキュラ

ロサンゼルスから車で南にわずか2時間半、サンディエゴからは車でわずか1時間、と日帰りでいけるテメキュラワイナリー。およそ30軒のワイナリーが様々なワインを生産しています。 1970年ごろから本格的にワインの生産が始まり、今では毎年のように多くの賞を受賞するほどになっており、年を重ねるにつれてその魅力が増してきています。

テメキュラのワイナリーを巡るオプショナルツアー

テメキュラワイン紀行
ロサンゼルス発
テメキュラワイン紀行 南カリフォルニアワイナリー巡りツアー

数々の賞を受賞した有名ワイナリー等数箇所へご案内いたします! 道中、テメキュラオールドタウンへ立ち寄り、めったに体験できないオリーブオイルの試飲も頂けます。


テメキュラワイナリーデラックスツアー
サンディエゴ発
テメキュラワイナリー・デラックスツアー ~ニューワールドワインの真髄を極める~

テメキュラワイナリーまでは、サンディエゴから車でわずか1時間! ワイン愛好家必見のワイナリーを4つ巡る大満足のツアーです。訪問するワイナリーの特徴的な建物やガーデンの装飾などもお見逃しなく!


ワイン&カジノ
サンディエゴ発
テメキュラワイナリーとカジノツアー

上質なワインに心くすぐられるカジノがセットになった、大人限定のツアー!厳選した2軒のワイナリーを訪問した後は、インディアンカジノ『ぺチャンガカジノリゾート』へ。 シーフードも食べ放題のバッフェや、各種カジノゲームをお楽しみ頂けます。


hudsonvalley

ニューヨーク州

マンハッタンから片道約2時間、ニューヨーク州ハドソンリバー地区には約57のワイナリーがあります。1837年から生産が始まったアメリカ最古のワイナリー・ブラザーフッドをはじめ、20軒以上のワイナリーが集まる生産地となっています。 また、ロングアイランドのワイナリーも急成長を果たし、アメリカで第2~3位の生産量を誇るワインの産地となりました。海に近い事と気候、土壌といったブドウ栽培の好条件が揃うロングアイランドでのワイン作りは1973年からスタート。 現在では30件以上ものワイナリーが点在し、製造されたワインは数々の賞を受賞するまでに至っています。これらのワインはニューヨーク州でその大半を消費されており、日本を含む海外では中々おめにかかる事はできません。 

ニューヨークのワイナリーを巡るオプショナルツアー

ハドソンバレー
マンハッタン発
絶景!アメリカ最古のワイナリー巡りへ行こう

アメリカで最古の『ブラザーフッド・ワイナリー』とハドソン川を一望できる絶景を楽しめる『ベンマール・ワイナリー』へご案内いたします。都会では味わえないスローライフをワインと一緒にお楽しみ下さい。


ブルックリン
マンハッタン発
旧港町のワイナリーとアメリカンBBQを味わうブルックリン

ニューヨーク州の農家から厳選したブドウを使ったこだわりのワイン作りをしている『レッドフック・ワイナリー』。おしゃれで洗礼された「ブルックリン」らしい雰囲気の店内も必見です!


ロングアイランド・ハンプトンズ
マンハッタン発
ハンプトンズ、ワイナリー&アウトレット日帰りツアー

ロングアイランドのハンプトン地区のワイナリーで5種類のワインの試飲のほか、港町を散策したり、アウトレットでお買い物のもお楽しみ頂けるツアーです。


この他のアメリカのワイナリーを巡るオプショナルツアー

シアトル
シアトル発
絶景スノコルミー滝とワイン・テイスティング・ツアー

シアトルに来たらなら飲んでおきたい!今話題のワシントン州のワイン・テイスティングと、大迫力の名瀑スノコルミー滝を見学します。


セドナ
セドナ発
プライベートワイナリーツアー(英語ツアー)

広大なセドナの大自然も楽しめる、ローカルワイナリー2軒へご案内いたします。プライベート車両でゆったりご寛ぎください。 


フロリダ
オーランド発
ダリ美術館とフロリダ・フルーツワイナリーめぐり

スペイン国外では最大規模を誇るダリの美術館と、フロリダならではのフルーツワインをお楽しみいただける2つのワイナリーへご案内いたします。


カナダのワイナリー

1794年のドイツで偶然出来た、甘さの強い芳醇なアイスワイン。通常ワインの8倍ものブドウを必要とするアイスワインは、元々希少価値の高いものですが、オンタリオ州では更に品質を保証するためのVQR規格を設け、こだわりのワイン作りを実現。1990年代にアイスワインのグランプリに輝いた事で、オンタリオ・アイスワインは不動の地位を獲得します。また、カナダのプロヴァンスとも呼ばれる西カナダに広がるオカナガン渓谷では、小規模ワイナリーが160以上集まり、ワインを主軸としたリゾート滞在も出来る事でも高い人気を誇ります。国際的な受賞歴を持つワイナリーが多いものの、少量限定生産で品質にこだわる事から、輸出用はごくわずか。この地に行かなければ手に入らないワインが多いのも特徴です。



カナダのワイナリーを巡るオプショナルツアー

ナイアガラ
トロント発
ナイアガラ・オン・ザ・レイク&ワイナリー

ぶどう畑に囲まれた有数のワイナリーを訪れます。世界的に有名なワイナリーでカナダ名産のアイスワインが試飲できます。


バンクーバー
バンクーバー発
スティーブストンとローカルワイナリー

近年数々の賞を受賞しているバンクーバー近郊のワイナリーを訪問!この地域は多くのフルーツが収穫出きることからフルーツワインも人気です。


シャーロットタウン
シャーロットタウン発
リカーツアー(6月中旬~9月:火曜・木曜・土曜のみ )

普段見ることはできない蒸留所やワイナリーを計4箇所まわる内容たっぷりのツアー!港町で美味しいシーフードランチ付。





よくあるご質問

Q:ワイナリーで買ったワインを持って帰れますか?


A:機内持ち込みはできませんが、預け入れでしたら可能です。日本への免税範囲は760mlのボトル3本までです。それ以上は関税の対象となります。



Q:ワイナリーで買ったワインを自宅に発送できますか?


A:ワイナリーによっては、日本や米国内への発送サービスを行っているところもあります。料金は発送先や本数によって変わります。米国内に発送する場合には、州によっては発送禁止の場合もありますので、ご注意下さい。



Q:ワインにはあまり詳しくなく、そこまでこだわっているわけでもないのですが、ワイナリーに行ってみたいです。それでも楽しめますか?

A:ワインのことを熟知したガイドがお勧めしたい有名かつ人気のワイナリーへご案内しますので、ワインに詳しくない方でもお楽しみ頂けます!ツアーの多くはワインを楽しむための大人向けのツアーです。お子様連れや未成年の方向けのツアーではございません。





ワイナリー巡りの旅なら、エイチ・アイ・エスにお任せ!

その1

現地スタッフが厳選したワイナリーを元に、アメリカ&カナダ各地のおすすめワイナリーのツアーをご用意!

その2

現地に支店があるから情報が新鮮!ワイナリーを日本語でご案内いたします。(※ナパ・ワイン列車ツアーなど、一部現地の英語ガイドがご案内するツアーもございます)

その3

ワイナリーまでは往復送迎付きなので、試飲しても車の運転の心配はなし!心行くまで現地のワインをお楽しみください。