H.I.S.アメリカ発の
総合旅行サイト

 

一覧へ戻る

サンフランシスコの基本情報/お役立ち情報

サンフランシスコの基本情報 / お役立ち情報が満載。旅行の前にチェックして楽しい旅行に備えよう!

サンフランシスコの交通機関

- 交通機関 -

サンフランシスコの街は比較的小さな地域にまとまっているため、車がなくても街中での移動が非常に簡単です。サンフランシスコ市内は、地下鉄、ケーブルカー、バスとそれぞれの機関が発達し市民の重要な足になっており、旅行者にとってもこの上ない重要な移動手段になっています。

【ケーブルカー】(MUNI)
観光客に特に人気が高く、坂道の多いサンフランシスコの名物となっているケーブルカー。まるで遊園地のアトラクションの様に楽しめる乗り物です。H.I.S.サンフランシスコ支店が入ったビルの横にターンテーブルがあり(Market St. とPowell St.の角)、ここから約20分程度でフィッシャーマンズワーフまでケーブルカーで行くことが可能です。大人は1回につき$7、シニア(65歳以上)は午前7時以前と午後9時以降のみ割引があり1回$3(2017年3月現在)。

【ミュニバス】(MUNI)
サンフランシスコ市内を網羅するバスで、市民の足として大活躍。大人は1回につき$2.75、シニア(65歳以上)と子供(5~18才)は$1.35(90分間乗り放題:2017年3月現在)。90分以内であればバスに乗るときにもらうチケットでミュニメトロ(地下鉄)にも乗車可能。尚、お釣りが出ないので注意が必要です。

【ミュニメトロ】(MUNI)
サンフランシスコ中心部ではバートと平行して走る地下鉄。郊外へ行くと地上にも出てくる市電のような乗り物。SFジャイアンツの本拠地AT&Tパークへは、Nライン、またはTラインで行くことが可能。バス同様、大人は1回につき$2.50、シニア(65歳以上)と子供(5~18才)は$1.25(90分間乗り放題:2017年3月現在)。90分以内であれば乗るときにもらうチケットでミュニバスにも乗車可能。尚、お釣りが出ないので注意が必要です。

【ミュニ Fライン・路面電車】(MUNI)
カストロからマーケットストリート上を北東に進んでダウンタウンを通り、フィッシャーマンズワーフまでを繋ぐ路面電車。ケーブルカーが混雑している時など便利。大人は1回につき$2.50、シニア(65歳以上)と子供(5~18才)は$1.25ト(90分間乗り放題:2017年3月現在)。90分以内であればに乗るときにもらうチケットでバスやメトロ(地下鉄)にも乗車可能。尚、お釣りが出ないので注意が必要です。

【バート】(BART)
サンフランシスコを中心に郊外へ延び、市民の通勤・移動の足となってる電車です。地下鉄の部分と地上を走る部分があります。サンフランシスコ国際空港とサンフランシスコ市内との間も結んでおり、約30分で空港⇔ダウンタウン間を移動することができます。空港から市内までは約20分おきに出ています。空港⇔Powell駅(ユニオンスクエアの最寄り駅)は、片道約30分で$8.95(2017年3月現在)。対岸の街、オークランドやバークレーなどにも行く時にも便利な電車です。

【タクシー】
荷物が多いときや夜間の移動などには便利なタクシー。ホテルやレストランなどの前にあるタクシー乗り場から乗るのが簡単。タクシーに書いてある番号に電話するのも確実で良い方法です。ユニオンスクエア周辺では路上でも比較的簡単にタクシーを拾うことができます。ドアは自動ではありませんので、自分で開け閉めするのを忘れないように注意して下さい。

【レンタカー】
郊外へ自分で足を延ばしたい場合はレンタカーが便利。空港やダウンタウンにレンタカー会社があります。サンフランシスコは通年世界中からの観光客やコンベンション等に参加するビジネスマンが多いため当日レンタカー会社に行っても車がない場合が多いため、あらかじめ日本から予約してくることをお勧めします。特に日本語のナビが必要な場合には、日本からの予約が必要です。サンフランシスコ市内には一方通行や坂道が多く、交通規制も非常に厳しいので十分注意をして下さい。駐車・停車禁止区域に駐車をして、チケットを切られたりレッカー移動されるケースがありますが自己責任となりますので、必ず交通規制は事前に学んで来るようにして下さい。国際免許書の携帯をお忘れなく。

お得なミュニパスポート

- 交通機関 -

市バスやケーブルカー、ミュニメトロなど色々な乗り物を利用して目的地に行く場合には、ミュニパスポートが便利です。

ミュニパスポートは、1日用($21)、3日用($32)、7日用($42)の3種類があり、MUNI(ミュニ)系列の乗り物(ミュニバス、ミュニメトロ、ケーブルカー)に利用できます。(料金:2017年3月現在)

ミュニパスポートは、ケーブルカーの発着所のブースで購入が可能ですが、支払方法は現金のみとなります。

2

  • 1

この都市の
現地情報はこちら

to TOP