H.I.S.アメリカ発の
総合旅行サイト

 

一覧へ戻る

サンディエゴの基本情報/お役立ち情報

サンディエゴの基本情報 / お役立ち情報が満載。旅行の前にチェックして楽しい旅行に備えよう!

旅行中にあると役立つモノ(アメリカ全土)

- 旅の準備 -

〈海外旅行傷害保険〉
万が一のことを考えて、旅行前に保険に加入する事を強くお勧めいたします。
治療費以外に、賠償責任や盗難に遭った場合でも保険が保証されます。

〈WiFi〉
アメリカでは、宿泊施設、公共エリア、ファーストフード&カフェなど、無料(フリー)WiFiを利用できるスポットは多数あります。
ただし、アメリカ旅行中、いつでもどこでも安全にWiFiを利用されたければ、「レンタルWiFi」の利用をオススメします。
詳細については「電話/WiFi」の項目を参照ください。

アメリカにあるHIS現地支店で受け取り可能な『WiFiルーターレンタル』はコチラ

日本出発前に受け取り可能な『WiFiルーターレンタル』はコチラ

〈クレジットカード〉
ホテルやレンタカーなどでは、支払いとは別に保証の意味で、クレジットカードを提示しないと泊まれない/借りられない場合があります。
クレジットカードをお持ちの方は、忘れずに持参しましょう。
クレジットカードをお持ちでない方は、日本出発前までに時間に余裕があればカードを作っておきましょう。
詳細については「お金」の項目を参照ください。

必要書類

- 旅の準備 -

パスポート
パスポートとは日本政府によって発行される国際的身分証明書のことです。パスポートの手続きは県庁の旅客窓口あるいは出張所指定窓口で行い、約10日間で取得できます。時間がない人には旅行会社で代理申請を頼むことをお勧めします。

ESTA(エスタ)
ESTA(エスタ)とは2010年より90日以内でアメリカに旅行する人に義務づけられた電子渡航認証システムです。パスポートとESTAの2つは渡航の際、絶対に必要となりますので忘れないようご注意ください。ESTAは専用のウェブサイトから申請が可能です。通常一度承認されれば、米国へ複数回の渡航が可能で、ESTAは2年間または申請者のパスポートの有効期限、あるいはその他再申請しなければならない状況が発生するまで有効です。アメリカ政府は渡航72時間前に申請することを勧めていますが、とにかく旅行前であればいつでも申請可能なので早めに申請されることをお勧めします。

ビザ(査証)
ビザとはいわば渡航先の入国許可証です。パスポートを保有する旅行者がその国に入国する資格があることを裏付ける書類になります。滞在期間が90日(3ヶ月)以上の長期滞在となると、その目的に合わせてアメリカ政府の発給する各種ビザが必要となり、申請は在日アメリカ大使館、領事館で行ってください。ビザをお持ち方はESTAの申請は不要です。滞在が90日(3ヶ月)以内の方は、ESTAの申請だけで、ビザの心配はいりません。

制限

- 旅の準備 -

重量制限
国際線、又は国際線乗り継ぎ便の預け荷物は*基本的には1人につき2つまでです。アメリカ国内線のみの場合には、預け荷物は1つでも料金がかかります。重量制限は、預け荷物1つにつき23kg(50lb)。

*上記は基本概要で、制限内容は航空会社によって異なるので、各航空会社の詳細を予め確認して下さい。

持ち込み制限
個人で使用する化粧品や医薬品でも携帯輸入には制限があり、内服薬は原則として2ヶ月分以内、外用薬、化粧品は2ダース(24個)以内となっている。もちろん、麻薬は禁止で見つかると厳しく法で罰せられます。
又、ワシントン条約で絶滅寸前の野生動物の輸出入やそれらを加工しているバッグ、ベルト、財布、毛皮なども禁止されています。

・輸入が禁止されている品物
・拳銃、銃砲弾や麻薬、大麻、覚せい剤など
・偽造品の通貨または証券
・わいせつビデオや雑誌
・偽ブランド品
・輸入が規制されている品物
・ワシントン条約該当物品
・銃砲、刀剣類
・個人の医療品、化粧品。

※注意 ありがちなのはうっかり化粧ポーチにいれたカミソリやソーイングセット。カメラに写った場合、その場で即座に荷物の開封要求されるので荷物を詰める前に確認をしておきましょう。

3

  • 1

この都市の
現地情報はこちら

to TOP