H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

バンクーバー(ビクトリア、カナディアンロッキー、ウィスラー、イエローナイフ)

バンクーバーの観光、オプショナルツアーを探すならH.I.S. 人気スポットを訪れる市内観光はもちろん、 数々のオリジナルツアー情報が満載!!

バンクーバー(ビクトリア、カナディアンロッキー、ウィスラー、イエローナイフ)

ブリティッシュコロンビア(BC)州の気候【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

日本の2.5倍の面積があるBC州の気候は、地域によって大きく異なります。冬の間、北部は零下30℃にまで下がりますが、南部は零下になることはまれです。中西部のオカガナン地方は、降雨量がカナダで最も少なく温暖な場所で、夏は40℃近くになることもあります。逆に、北西部や世界遺産に指定されているクイーン・シャーロット群島の周辺は、降雨量が大変多く、緑豊かな温帯雨林が広がっています。

BC州南西部にあるバンクーバーやビクトリアは、一年を通じて温暖で過ごしやすく、平均気温は夏15~23℃、冬0~13℃です。夏でも朝晩は涼しく、日中は気温が上がりますが、空気が乾燥しているため、じめじめすることもありません。冬は雪があまり降りませんが、11~3月は雨期が続きます。

ウィンターリゾートして有名なウィスラーは、真夏の平均最高気温が26℃、真冬の平均最低気温が零下6℃で、緯度が高い割には、沿岸を流れる暖流の影響で、平均気温が年間を通じて比較的高めです。ただし、真冬の山頂は零下20℃くらいまで気温が下がることもありますので、しっかりした防寒が必要です。

ブリティッシュコロンビア(BC)州の祝祭日【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

以下の祝祭日には、公的機関や学校、銀行などが休業になります。レストランやショッピングセンターなどは開いていますが、営業時間を短縮することもあるので注意が必要です。この他、州や準州で独自に制定している祝祭日もあります。1969年にカナダ郵政省が土曜日の郵便配達を廃止したので、カナダでは土曜日に郵便が届きません。

2012年の祝祭日

1月1日    ニューイヤーズ・デー
4月6日    グッド・フライデー(聖金曜日)
4月7日    イースター(復活祭)
4月8日    イースター・マンデー(復活祭後の月曜日)
5月21日   ビクトリア・デー(ビクトリア女王誕生記念日)
7月1日    カナダ・デー(建国記念日)
8月6日    BCデー ※8月の第1月曜日
9月3日    レイバー・デー(労働者の日) ※9月の第1月曜日
10月8日   サンクスギビング・デー(感謝祭) ※10月の第2月曜日
11月11日  リメンブランス・デー(戦没者記念日)
12月25日  クリスマス・デー
12月26日  ボクシング・デー

ブリティッシュコロンビア(BC)州の税金【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

BC州では、12%の合算消費税 HST(Harmonized Sales Tax)が物品やサービスにかかります。ただし、以下の物品には別の税率が導入されています。
 ・紙おむつ ⇒ 5%
 ・アルコール飲料 ⇒ 10%
 ・一般住居の光熱費 ⇒ 5%

バンクーバーやビクトリア、ウィスラーのホテルには宿泊税と観光税が加算されます。

タバコを吸う(BC州)【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

BC州には、以下のような禁煙法があります。

・公共施設や職場での全面的な禁煙(レストランの屋外パティオも禁煙)
・建物の出入り口、開放中の窓、通風孔から3メートル以内は喫煙禁止 (バンクーバーでは6メートル)
・医療機関、大学、コミュニティセンターなど公共施設内では、タバコは販売禁止
・19歳未満が入手しやすい場所では、タバコは陳列禁止
・タバコの室内広告、屋外看板の禁止

禁煙法の違反者には、最大2000ドルの罰金が課せられます。

喫煙できる場所は、自宅か屋外の喫煙エリア(灰皿のあるところ)に限られています。ちなみに、カナダのタバコは、日本と比べものにならないくらい高価です。

お酒を飲む(BC州)【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

BC州では19歳からお酒を飲むことができます。日本人は実年齢よりも若く見えるので、お店で飲むときや買うときには、免許証やパスポートなど年齢が証明できる写真付身分証明書を持参してください。ビーチや公園、道路など公共の屋外での飲酒は禁止されています。また、運転中は、開封した酒瓶が車内にあるだけで違法です。



酒類の販売は州政府公認の専門店に限られ、スーパーやコンビニでは販売されていません。自動販売機などもありません。公営の酒店 liquor store は午後6時頃に閉店し、休日は休業です。ワイン専門店など他の販売店は、休日も開いていますが、一般に割高です。

旅の服装(BC州)【バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー】

バンクーバー&ビクトリア

夏の最高気温は30℃前後ですが、朝晩は20℃くらいに下がります。半そでの上にジャケットやカーディガンなどを重ね着するのがおすすめ。晴れると日差しが強いので、サングラスや帽子、日焼け止めクリームが必要です。ビクトリアなど海辺の街は風が強く、実際の気温よりも寒く感じることがあるので、薄手のウィンドブレーカーなどがあると便利です。

冬の最低気温は0℃前後で、雪はあまり降らず、その代わりに11~3月は雨が降り続きます。スキーなどウィンタースポーツを楽しむ場合は、それに適した装備が必要ですが、街で過ごすだけなら分厚いスノーブーツなどは必要ありません。ただし、レインコートなどの雨具は必携です。地元の人はあまり傘をささず、ゴアテックス素材などの完全防水ジャケットを着ています。

ウィスラー

ビレッジの夏の最高気温は27℃前後で、朝晩は10℃以下に冷え込みます。日差しが大変強いので、サングラスや帽子、日焼け止めクリームなど、しっかりした紫外線対策が必要です。山頂は夏でも雪が残り、ハイキングなどで山間部に入る場合は、防風できるジャケットやハイキングシューズが必要です。

冬はビレッジでも零下10℃まで下がることがあります。年間の平均降雪量は9.14mで、空気が乾燥しているので、山頂付近の雪質はさらりとしたパウダースノーです。風が強くなると実際の気温よりも体感温度が下がりますので、ダウンジャケットなどしっかりした防寒具をご用意ください。

  • 1

上にもどる↑