H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

サンディエゴ

サンディエゴの観光、ツアーを探すならサンディエゴ唯一の日系観光会社H.I.S.。空母ミッドウェイ、サンディエゴ動物園、サファリパーク観光、シーワールド観光、定番の市内観光は日本語ガイドがご案内。見所を抑えたツア-を多数ご用意してます!

サンディエゴ

治安と安全対策【治安と安全対策】

治安
サンディエゴは2012年の統計結果から、全米主要都市の内で7番目に治安が良い街として発表されるほど、市街地は大都市の中でも比較的夜遅くまで地元の人や観光客で賑わっていて、心配されるほど観光客の方が自由に散策されてもトラブルに巻き込まれることも少なく、快適かつ楽める街です。但し、アメリカは危険という概念がある通り、確かに日本に比べると犯罪率も高く、巻き込まれる可能性も少なからずございますので、十分にお気をつけください。

観光の時の注意
パスポート番号・トラベラーズチェック番号・滞在地での緊急連絡先(領事館・宿泊ホテル)・血液型・持病等はメモに控えて置くことをお薦めします。基本的には身分証明書としてパスポート等は必要なので、常に肌身離さず持ち歩くことを心がけて下さい。道に迷ったときは、警察官や警備員もしくは近くのお店、ホテル等で道を尋ねる様にしてください。裏路地や、人気のない場所、危険と感じられる区域箇所に立ち入ることは避けましょう。

緊急連絡
緊急時の電話番号は、911です。緊急時とは、生命に関わりのある様な事件、急病、火事、転んで立ちあがることができなくなってしまった様な場合です。911をダイヤルすれば、オペレーターが、警察、消防、救急などに連絡をとってくれます。


盗難防止【治安と安全対策】

日本人の多くの観光客の方が被害に遭いやすい犯罪が、置き引き、ひったくり、スリなどです。犯行の手口は複数人で及ぶことが多く、ひとりが気を引いている隙に、グループのひとりが財布を抜いたり、カバンを奪ったりします。駅や空港、観光名所、ショッピングセンターなど人が集まるところでは、ついついに注意も散漫になりがちなので用心して下さい。さらに、意外にホテルのロビーなど安全に見えるような場所で、実は誰でも出入りができるので、その手の人間から見れば観光客が集まっている絶好の職場になるので、ホテルの中だからといって気を抜かずに常に貴重品への警戒を怠らないようにして下さい。荷物を置いていくときは、そこに誰かいるからの思い込みではなく、必ず周りの人にひと声かけて管理してもらいましょう。人前で現金を数えたりしないのはもちろん、被害に会わない為にも、極力を目をつけられない様にして下さい。最悪の場合も踏まえて、現金とクレジットカードは必要最小限にし、1つにまとめずいくつかに分けて持ち歩く様にするといいでしょう。

  • 1

上にもどる↑