H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

ニューヨーク

タイムズスクエア、自由の女神、エンパイアステートビル等の観光地からブロードウェイミュージカル、ジャズ、ゴスペルのエンターテイメントまで世界中から観光客で溢れる街、ニューヨーク。世界三大瀑布のナイアガラの滝も日帰り観光が可能!野球、バスケット、USオープンテニスなどのスポーツもH.I.S.にお問い合わせください。

ニューヨーク

ニューヨークの気候【ニューヨークの気候】

【春:3月から6月 秋:9月から11月】
一年の中でも過ごしやすく温暖気候ですが、朝夕と日中の気温差があるので、かるく羽織ることができる薄手の服が一枚あると便利です。

【夏:6月から8月】
日差しが強く、 30℃(86°F)を超える真夏日が続きます。日焼け対策にお気をつけ下さい。
サングラスも紫外線から目を守る為におススメします。
レストラン、公共の乗物などは冷房がかなり効いているので薄手のカーディガンなどがあると便利です。

【冬:12月から2月】寒さは、マンハッタンのビル風もあってかなりの寒さなので、荷物になっても何か重ね着できるものや厚手のコート、ニット帽、手袋、マフラーなどの防寒具を持って来られるようおススメします。

【摂氏・華氏の換算式】

摂氏=(5÷9)x(華氏-32)
華氏=(9÷5)x(摂氏+32)

ニューヨークと日本の時差【ニューヨークと日本の時差】

ニューヨークは米国東部標準時間にあたり、日本との時差は 14時間です。

◆ 夏時間中の時差 : 13時間 (4月第1週目の日曜日~10月最終日曜日)
◆ 冬時間中の時差 : 14時間 (10月最終日曜日~4月第1週目の日曜日)

<例>
ニューヨーク午前8時 ⇒ 日本は同日の午後10時(冬時間)
ニューヨーク午後7時 ⇒ 日本は翌日の午前 9時(冬時間)

両替【ニューヨークでの両替】

ニューヨークは他都市に比べれば、街中に両替をする所があまりありません。一部ホテルを除けば、宿泊者に限り両替をしてくれるホテルもありますが、ある一定の金額以上は両替してくれない場合もあるのでご注意下さい。下手に小銭などを残したくない人は、クレジットカードを使って、キャッシングでアメリカ・ドルを引き出すこともできます。 ATM (現金自動支払機) は銀行やデリカテッセン(サンドイッチや持ち帰り用の西洋風惣菜を売る飲食店)など街中に多くあります。

--両替所--
★TRAVELEX (トラベレックス・タイムズスクェア店)
場所: 47丁目,ブロードウェイ
営業時間: 月~日曜 9:00am~10:00pm

★TRAVELEX (トラベレックス・32丁目店)
場所: 32丁目,ブロードウェイ
営業時間: 月~土曜 9:00am~9:00pm, 日曜 9:00am~7:00pm
* 営業時間は予告無く変更になることもありますので、予めご了承ください。

税金【ニューヨークの税金】

ニューヨーク市の消費税 (Sales Tax) は“8.875%”

--内訳--
市税: 4.5%
州税: 4%
メトロポリタン地区追加税: 0.375%

★ $110以下の衣料品と靴に限り消費税が免除となっています(品物1つにつき$110以下の場合が対象)

★ アメリカでは、ヨーロッパ一部の国のように観光客向けの税金返還制度のようなものがない。

★ 免税店
ニューヨークの場合、免税店は空港にしかない。
しかも、あまり規模が大きくはないので、あまり期待しない方が無難。

電話【ニューヨークの電話】

★ホテルの電話
--料金--
部屋からの外線通話料はとっても割高! フリーダイヤルにかける場合でも $1~2(ホテルによって異なる)の回線使用料がかかり、日本への国際電話は最初の1分だけでも$15~20かかります。滞在中、日本に電話をする際は国際テレフォンカードを使って公衆電話を利用することをオススメします。

--留守番電話--
メッセージが入っている場合、通常は電話機の赤いランプが点滅している。受話器を取り、電話機のメッセージボタンを押すとメッセージが受話器から流れます。 電話機にメッセージボタンがない場合、電話機自体、もしくは電話機近くに書かれているテレフォン・ディレクトリー (ホテル内の電話帳のようなもの)のメッセージの欄に書かれている数字をダイアルすると、受話器からメッセージが流れます。外出から部屋に戻られた際には、メッセージの有無の確認を!
注)上記はあくまで一例です。ホテルによって異なりますので予めご了承ください。

★ 公衆電話
--料金--
市内通話の最低料金は電話会社によって異なりますが、通常は¢50から。 テレフォンカードを利用する場合、日本と違いカードを差し込むタイプの公衆電話機はなく、それぞれのカードに記載された暗証番号を入力するタイプのものがほとんど。
また、市内の公衆電話は故障していることもあるのでご注意下さい。

電圧【ニューヨークの電圧】

★ 電圧 /周波数
120V 60HZ, プラグ:Aタイプ

日本の電圧と周波数は、 100V, 50/60HZなので、日本の電化製品をアメリカで使用することはできません。全く使えないことはありませんが、故障などの原因になるので日本から変圧器を持参することをオススメします。 変圧器はニューヨークでもホームセンターや、家庭用品店などで購入できますが、日本に比べると割高です。

チップ【ニューヨークのチップ】

★ ホテル
-- ドアマン/ベルマン--
それぞれに荷物一つにつき、 $1~2

--ベッドメーキング--
ベッド 1台につき、$1~2

電球交換、毛布の補充などで係りを呼んだ場合、特にチップの必要はありません。

★レストラン
通常は合計金額の15%~20%

最近、お店によっては請求金額にすでに 15%前後のチップが含まれているところがあります。
支払いをする際は、レシート明細等にタックス以外に “Gratuity (心付け、チップ)や"Service Charge"と書かれていないかどうかも確認下さい。

--チップの簡単な計算方法 --
NYの消費税は8.875%なので、その消費税の金額の2倍をチップとして合計金額に加算下さい。この計算で約18%のチップの金額が簡単にできます。
例 ) 食事代:$100, 税金:$8.875, チップ $8.875 X 2 = $17.75。
1ドル以下を繰り上げて$18がチップの大体の目安。チップを含めた合計支払額は$126.62(繰り上げて$127)になります。

細かいお金がなく、おつりが必要な場合は、合計支払い金額と明細を一緒にウェイターに渡し、『 Change, please./チェンジ プリーズ(お釣りを下さい) 』 と伝え、お釣りの中からチップ代をテーブルの上に置く事もできます。

★ タクシー
乗車賃 (料金) の15%~20%
料金が$10以内であれば、料金プラス$1という計算でも問題ありません。

ニューヨークのタクシー【ニューヨークの交通手段】

--行き先の告げ方--
目的地をストリートやアベニュー名で運転手に伝えます。
例)ニューヨーク ヒルトン ミッドタウンホテルに行く場合は、『 6th Avenue and 54th Street (6番街の54丁目) 』と伝えます。

マンハッタンに1軒以上存在する大型チェーンホテルがあるので、ホテル名だけではなく、必ず目的地はストリートやアベニュー名もあわせてお伝え下さい。

--降りるときは--
目的地に着いたら、タクシーを降りる前に、忘れものがないか確認しましょう。
ニューヨークで忘れものが見つかる確率はかなり低いので、降りる前は必ずチェックすることが重要です。 運賃とチップを支払った後は、レシートをもらう事をオススメします。レシートには車両番号が記載されているため、忘れ物や問題が生じた際の証拠となります。

--その他注意--
タクシーを利用する場合は、基本的にはイエローキャブに乗ってください。白タクには乗らない方が賢明です。やさしく声をかけられたり、他に乗客がすでに乗っていても要注意!最近は白タクの犯行が巧みになっており、グループでの犯行も多くあります。

★白タクはタクシーライセンスを持たずに運転するタクシーであり、一般的に普通の乗用車を使いますが、 中古のベンツだったり、安物の小型車など様々です。
正規のイエローキャブは黄色で、なおかつ扉に飛行機の絵と”FLAT FARE JFK”の文字が入っています。
2015年10月現在はJFK・マンハッタンの料金は$52.80 にチップとトール料金です。

★ライム色のタクシーはBoro Taxiと言われ、2013年夏より営業開始となりました。
ブロンクス、空港以外のクイーンズ、ブルックリンとスタテン島のお客様のみが対象となります。
マンハッタンはイエローキャブの営業地域のミッドタウンなどは営業外となり、西側は110丁目以上、東側は96丁目以上のお客様のみとなります。

ニューヨークの地下鉄&バス【ニューヨークの交通手段】

★地下鉄
--運賃--
メトロカードを購入して乗車します。メトロカードについてはページ下部をご参照下さい。
地下鉄、バス共に一律 $2.75。(エクスプレス・バスを除く)
1回券(Single Ride)のみ$3.00。
区間料金制ではないので、一度構内に入れば改札口を出るまでどこまでも乗れ、何度でも乗り継ぎ可能です。

--運行について--
24時間運行しています。ただし、各駅に時刻表の掲示板がありません。夜間(10:00pm~7:00am) は利用客、本数も減るのでタクシーの利用をおすすめします。また、土日や祝日も本数が少ないので、何か予定がある場合は、余裕を持ってホテルを出るのをおススメします。また路線工事や点検のため、通常通りに運行していないことがあります。 (特に週末が多い) 各駅に案内の紙が貼ってあるので、乗車前に必ず確認下さい。

★バス
--運賃--
地下鉄、バス共に一律 $2.75。
1回券(Single Ride)のみ$3.00。
1回のみ他の路線のバスに乗り継ぎ可能です。
一回乗車券のみ、最初に乗ったバスで運賃を支払う際、運転手からトランジットカードをもらう必要があります。 (メトロカードは自動的にトランスファーを読み取るので不要です。)

◆地下鉄、バスの料金の支払い
--現金--
現金にてバスに乗車する場合の運賃に紙幣は使えません。必ず小銭を用意しておく必要があります。

--メトロカード (Metro Card) --
・1回券(Single Ride) は自販機でのみ購入可能です。
・7日券(Unlimited Ride/$31.00) 最初の使用日から7日目の真夜中まで無制限に乗車できます。
・30日券(Unlimited Ride/$116.50)最初の使用日から30日目の真夜中まで無制限に乗車できます。

--プリペイドの回数券--
$10、$20などの種類があります。

自動販売機でメトロカードを購入の際、スクリーン画面から先に購入したい券を選んだ後に、お金を投入します。お金を先に投入すると、入れた額面の回数券が自動的に出てきてしまう恐れがあります。誤って券を購入した場合、その場での払い戻しができないのでご注意下さい。
尚、自動販売機は $6以上のおつりが出ません。あらかじめ小銭を用意しておくと便利です。
クレジット、又はデビットカードでの購入も可能です。郵便番号は「99999」と入力ください。

※メトロカードは$1します。残高が無くなったら捨てて新たに購入せずに自販機、又は職員ブースにて加算下さい。

--シニア割引について--
メトロカードのシニア割引は主に現地在住者向けのため、申請手続きにお時間がかかります。
申込書を提出後、申請が認められたら名前と写真入のカードが届いて初めて使用可能となります。

ニューヨーク滞在中の注意【ニューヨーク滞在中の注意点】

ニューヨークは年々犯罪率が下がっており、治安が悪いというイメージとは裏腹に大都市の中では、最も治安がよいと言われるくらいです。とはいえ日本と同様 100%安全ということはないので、せっかくの旅行が台無しにならないよう、観光客だけでなく人気の少ないエリアや、逆にタイムズ・スクエアなど人ごみの中では、貴重品の管理に注意下さい。

【注意したいエリア】

★ハーレム(110丁目より西北のマンハッタン):昼間で注意していればAPOLLOシアターのある125th Street付近は比較的安全といえます。
★イースト・ハーレム(110丁目~125丁目の東北側のマンハッタン):昼間はもとより夜はかなり危険です。
★セントラル・パーク:早朝や夜は公園だけでなく、公園沿いの通りを歩くのもご注意下さい。昼間でも公園内の人気の無い小道は避けましょう。
★タイムズ・スクエア(46丁目とブロードウェイ周辺):スリなどが多発するエリアです。
★ポート・オーソリティ・バス・ターミナル周辺:41丁目と42丁目、8番街と9番街の間のバス・ターミナル。
★イースト・ビレッジ(アベニューAからD、11丁目から14丁目の周辺)
★ロウアー・イーストサイド(Bowry通りの東側とEast Houston通りからマンハッタン橋の周辺)
     
【よくあるトラブルと対処法】

★メガネ詐欺、CD詐欺
街でわざとぶつかってきてめがねの修理代を請求したり、CDを高額な値段で押し売りしてきたりします。お金や身分証明証などは見せてはいけません。警察官を呼ぶか、近くのお店に「that man is trying to get my money, please call 911」と警察を呼んでもらいましょう。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/p/kinkyu/2014/December-30.html
(在ニューヨーク日本国領事館ウエブサイト参照)

★着ぐるみ詐欺
タイムズ・スクエアなどで人気キャラクターの着ぐるみを着た人が寄ってきて写真を一緒に撮った後にチップを要求してきます。欲しくないのであれば、写真を撮られる前にはっきりと断りましょう。

★置き引き
空港やホテルロビー内などで多発してます。基本的に手荷物は肌身離さず持ち歩くこと。レストランなどでトイレに行く際や、観光スポットで写真を撮影している時などもご注意下さい。

★クレジットカード被害
サインをする前に購入した金額に間違いがないかレシートを再度確認下さい。犯罪ではありませんが、支払い時にクレジットカードを店員に渡したまま、ついうっかり、そのまま店を出てしまうケースがまれにあります。ちゃんとクレジットカードを受け取ったか確認下さい。

★ショッピング
ショッピングでよくありますが、買ってみたら色やサイズが違った、 2個買ったのに、1個しか袋に入っていなかったというケースがあります。空港や日本に帰った後に気付いても、どうすることもできないので、買った際に必ず確認しましょう。 ニューヨークでは盗難を防ぐために、服などに特別な器具を使わないと外すことのできないタグがついていることがあります。このタグは通常、支払いをする際に店員が外してくれますが、たまに忘れられることがあります。簡単にタグは外せない仕組みになっているので、こちらも商品を購入する際はご注意ください。

上にもどる↑