H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

マイアミ

常夏リゾート・マイアミの観光、オプショナルツアーを探すならHIS。サウスビーチ・アールデコ地区はもちろん、世界遺産・エバーグレーズ国立公園、 7マイルズブリッジ、キーウエストと現地情報満載!

マイアミ

マイアミの気候と服装【旅の情報】

【気候】
〈マイアミ周辺〉
1年中温暖。真夏は湿度が高く、蒸し暑い。夕立ちが多く、熱帯低気圧などの影響で1週間くらいぐずついた天気が続くこともある。一方、冬は乾燥し、日中は20℃くらいまで気温が上がり、過ごしやすい。
〈フロリダキーズ〉
マイアミに比べると雨も少なく、穏やかな気候。昼夜の寒暖の差も比較的少ない。1年中20~25℃で、夕立やハリケーンを除けばいつも晴れているといった感じ。

マイアミ1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(℃)242627293132333332292726
最低気温(℃)161618202224252424222017
降水量(mm)47.852.665.085.3140.2216.9147.1219.2212.9157.287.155.4

キーウエスト1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(℃)242426282931323231292725
最低気温(℃)181921222426272626242219
降水量(mm)56.438.447.252.388.4116.183.1137.2138.4110.267.154.4


【服装と持ち物】
フロリダの旅の必需品、それはサングラスと帽子、日焼け止め。夏に行くのであれば、虫除けも欲しい。
ビーチリゾートが多いフロリダの観光地では、ホテルやレストランは、ほとんどカジュアルな服装でも大丈夫。けっこう高級なレストランでも、ショートパンツとジーンズでなければOKという店が多い。もちろん一部の高級店ではネクタイ着用でないと入れない店もあり、女性もそれなりのドレスアップが必要になる。

★ワンポイント 
バスやメトロレイルなどのきつい冷房に備えて、夏でもカーディガンなどがあるといい。

【シーズンについて】
フロリダのシーズンはやはり冬。特に12月下旬~3月は、どこも混雑し、人気のホテルは予約が取りにくくなる。一方、シーズンオフの夏は、高級ホテルでも安く泊まれるのが魅力だけど、熱帯低気圧やハリケーンのリスクがある。

ハリケーン【旅の情報】

フロリダ州は、アメリカの台風銀座。台風とハリケーンの違いは発生する場所だけ。太平洋上でも、東経180度(日付変更線)より東で発生すれば、ハリケーンと呼ばれる。
ハリケーンシーズンと呼ばれる、6~11月(特に8~10月)にフロリダを訪れる場合、必ず毎日TVやWEBサイトなどで気象情報をチェックすること(現地の観光局ではWEBサイトで常にハリケーン&熱帯低気圧情報と避難情報を掲載している)。
ハリケーンが接近している場合は、迷わず行き先を変更しよう。特に、フロリダキースから避難するのはとても時間がかかるので、要注意!近海でハリケーンが発生していたら、避難を想定して、常にガソリンを満タンにしておこう。

【ハリケーン注意報(Hurricane Watch)】
車で避難するならこのタイミング。これが出されると36時間以内にフロリダ半島に上陸の可能性あり。

【ハリケーン警報(Hurricane Warning)】
遠方に避難するにはすでに遅い。これが出されると24時間以内に上陸の可能性がある。フロリダのホテルでは、それぞれ避難マニュアルを用意しているので、ホテルのスタッフに相談して、近くの安全な場所を探し、どこへ行くべきか教えてもらおう。

【避難命令(Evacuation mandatory, Evacuation order)】
なるべく避難勧告(Evacuation advisory)の段階で行動を起こしたい。州政府が避難命令を出すと、ほとんどの有料道路や橋は無料で通行できる。なお、北へ向かう道路は大渋滞となり、普段の10倍も時間がかかるといわれる。

○嵐のあとも注意
ハリケーン通過後も、外にはさまざまな危険がある。特にフロリダには、運河や水路などが多く、ガードレールが少ないので危険。たとえ水が浅くても、浸水した道路を運転したり、歩いたりしないほうがいい。電線が切れていて感電するかもしれないし、ワニやヘビが泳いでいるかもしれない!
また、水道水使用禁止令(Boil water order)が出されているときには、沸騰させずに水を飲んではいけない。

★ワンポイント ―ハリケーン関連用語―
Collapse/決壊・崩壊、disaster/災害、drainage/排水設備、evacuate/避難、flooding/洪水、levee/堤防、storm surge/高波、Tornado/竜巻

マイアミと日本の時差【旅の情報】

マイアミは米国東部標準時間(ET:Eastern Time Zone)にあたり、日本との時差は 14時間。
◆ 夏時間(3月第2週目の日曜日~11月第1日曜日)中の時差 : 13時間
◆ 冬時間(11月第1日曜日~3月第2週目の日曜日)中の時差 : 14時間

<例>
マイアミ(夏時間):午後7時 ⇒ 日本:翌日の午前 8時
マイアミ(冬時間):午前8時 ⇒ 日本:同日の午後10時

★ワンポイント
アメリカ国内でも、乗り継ぎ空港によっては、時差があるので乗り遅れないように注意が必要!
マイアミとの時差〈一例〉
なし:アトランタ、ニューヨーク、デトロイト
-1時間:ダラス、ヒューストン、ミネアポリス、シカゴ
-3時間:ロサンゼルス

両替【旅の情報】

マイアミには、日本円から米ドルへ両替できる所があまりないので、日本を出発する際に両替を済ませよう。ATM (現金自動支払機) は、ホテルを始め、街中に多くあるので、国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングを使って、アメリカ・ドルを引き出すことはできる。

★ワンポイント
高額商品を扱っていないお店などでは、$50や$100の高額紙幣で支払うと、慎重にチェックされることが多い。身分証明書などの提示を要求されたり、店によっては受け取りを拒否することもあるので、$20以下の紙幣を準備した方がいい。特にマイアミ到着時は、チップ用の小額紙幣があると便利。

◆クレジットカードが必要!
クレジットカードには、経済的信用が付加されていることもあり、アメリカを旅行する方にとっては必需品。
アメリカでは一般的に、ちょっとした金額の商品を買うときも、レストランのチップさえもクレジットカードで支払うことができる。逆に持っていないと、ホテルの予約ができない、チェックインの際にデポジット(預託金)を要求される、レンタカーが借りられないなどということもある。
VISA か Mastercard であれば、大抵のお店で使えるので、1枚準備しておこう!

税金【旅の情報】

アメリカの税率は、州や市によって異なる。
〈例〉マイアミ:消費税(Sales Tax)7% 、ホテル宿泊時にかかるホテル税(Hotel Tax)13~14%
   フロリダキーズ&キーウエスト:消費税 7.5%、ホテル税 11%
   ソーグラスミルズアウトレットモール:消費税 6%

◆アメリカでは、ヨーロッパ一部の国のように観光客向けの税金返還制度のようなものはない。
◆免税店…マイアミ国際空港にあり(マイアミ発国際線利用者のみ)。

チップ【マナー・習慣】

アメリカの習慣で、自分が受けたサービスに対して、感謝の気持ちを表すもの。
何か特別なお願いをした場合やサービスが良かった場合は、数ドル多めにチップを置くと良いだろう!

◆ホテル
ドアマン/ベルマン:荷物を運んでもらった(それぞれに荷物ひとつにつき) $1~2、
           タクシーをつかまえてもらった $1~2
ハウスキーピング:枕銭(ベッド 1台につき)$1~2、
           電球交換、毛布の補充などで係りを呼んだ場合は、特に必要なし
バレットパーキング:1台につき、$2~4

◆レストラン
通常は、お食事代金の15%~20%。最近は、18%が主流のようです。
お店によっては、請求金額にすでに 15%前後のチップが含まれているところもある。
支払いをする際は、レシートの明細に税金(Tax)以外に"Gratuity/Tip(心付け、チップ)"が含まれていないかどうかを確認しよう。

◆バー、クラブ
1ドリンクにつき、$1くらい。

◆タクシー
乗車賃 (料金) の10%~15%。  
荷物の出し入れを手伝ってくれたら、荷物ひとつにつき$1を加算しよう!
料金が$10以内であれば、料金プラス$1という計算でも問題ない。

★ワンポイント  ―チップの簡単な計算方法―
利用代金の小数点を1つ左へずらすと、その金額が10%。その金額の2倍をチップとして合計金額(利用金額+税金)に加算するとよい。
〈例〉 食事代:$72、税金(7%):$5.04、チップ:$7.2 X 2 = $14.4。チップを含めた合計支払額は$91.44。1ドル以下を切り捨てて$91が
(チップ20%弱を含む)支払い総額の大体の目安。

おつりが必要な場合は、お金と明細を一緒に渡し、『 Change, please. (お釣りを下さい) 』 と伝え、お釣りを受け取った後に、チップを
トレイの上に置くと良い。クレジットカードで支払う場合は、Gratuity/Tip (心付け、チップ)欄にチップの金額、その後、合計金額(Total)を
記入し、自分のサインをしよう!レシート明細の1枚は、自分用の控えですので、念のためにきちんと保管しておこう。

電話【旅の情報】

◆ホテルの電話
--料金--
ホテルの部屋からの外線通話はとても割高! フリーダイヤル(Toll Free)にかける場合でも $1~2の(ホテルによって異なる)回線使用料がかかり、日本への国際電話の場合は、最初の1分だけでも$15~20かかることがある。滞在中、日本に電話をする際は、国際テレフォンカード(International Calling Card)を使って公衆電話を利用することをオススメする。


--留守番電話--
外出から部屋に戻られた際には、メッセージの有無の確認を! 旅行会社や航空会社からの重要な連絡である可能性もあります。
メッセージが入っている場合、通常は電話機の赤いランプが点滅している。受話器を取り、電話機のメッセージボタンを押すと受話器からメッセージが流れる。 電話機にメッセージボタンがない場合、電話機自体、もしくは電話機近くに書かれているテレフォン・ディレクトリー (ホテル内の電話帳のようなもの)のメッセージの欄に書かれている数字をダイアルする。
注)上記はあくまで一例です。ホテルによって異なりますので予めご了承ください。

◆公衆電話
まずは故障していないかを確認するために、受話器をあげ、発信音を確かめよう。
--料金--
市内通話の最低料金(5、10、25¢コインのみ):通常は50¢から(電話会社によって異なる)。マイアミの市外局番は、305、954、786など。市外へかける場合は、たくさんの硬貨が必要となります。長距離電話や日本への国際電話の場合は、テレフォンカード(Prepaid Calling Card)やクレジットカードを利用しよう。

★ワンポイント
テレフォンカード(Prepaid Calling Card) ※電話会社によって、内容が多少異なります。
 空港、ガソリンスタンド、デリ、ドラッグストアーなどで様々な電話会社のカードが売られています。会社によっては、声が聞き取りづらかったり、いきなり切れてしまうものもあるので注意!

 〈一般的な使い方〉
 1. カードに記載されているフリーダイヤル(1-800、1-877などから始まる電話番号)へ電話します。
 2. 英語(English)かスペイン語(Espanol)を選ぶ(1か2で選ぶことが多い)。
 3. 自動音声が流れたら、カードに記載された(コインで削ると出てくる場合が多い)暗証番号(PIN NUMBER)を押します。
 4. 相手の電話番号を(最初の0を除いた)市外局番からダイヤルします。
  〈例〉日本へ掛ける場合:011-81-3-1234-5678など

電圧【】

★ 電圧/周波数
120V / 60HZ, プラグ:Aタイプ

日本の電圧と周波数は、100V、50/60HZ。最近の電化製品は、120Vまで対応できるものも増えたが、特にドライヤーや充電器などで対応していない場合は、故障の原因になるので、日本から変圧器を持参することをオススメする。 ホテルフロントでの貸出サービスには限りがあり、ホームセンターや、家庭用品店などで購入もできるが、日本に比べると高い。

マイアミの歩き方(レンタカー編)【交通】

マイアミの観光スポットは、それぞれが離れて点在しているため、車での移動が中心となる。また、食事や買い物へ行くにも、車がなければとても不便。ビーチやリゾートホテルでのんびりという方には、逆に駐車場探しで大変なので、必要ないかもしれないが、エバーグレイス国立公園やキーウエストまで足を伸ばすのであれば、断然レンタカー利用がオススメ!

【マイアミ空港周辺のレンタカー会社】 http://cars.his-vacation.com/jp/jp/ct/supplier/
おもなレンタカー会社(アルファベット順)は、Alamo(アラモ)、Avis(エイビス)、Budget(バジェット)、Dollar(ダラー)、Hertz(ハーツ)など。これらの会社は、日本にも支社や代理店があり、営業所の数も多いので便利。

@マイアミ国際空港、到着後
手荷物を受け取ったら、レンタカー会社のシャトルバス乗り場へ。レンタカー営業所(駐車場)は、空港周辺に点在しており、各レンタカー会社がそれぞれ無料シャトルバスを運行している。もしもシャトルサービスが見つからない場合は、空港内の各レンタカー会社カウンターかインフォメーションボードの無料電話で確認しよう。

○借りる時に必要なもの(25歳以上でなければ、借りるのが難しい)
 日本ですでに予約済の方は、予約確認書を提出しよう!
  ・国際運転免許証
  ・日本の運転免許証
  ・パスポート
  ・クレジットカード

○借りる前に決めておきたいこと
  ・期間と場所
   いつ・どこの営業所で借りて、いつ・どこの営業所で返すのか?営業所の営業時間を確認しよう!
  ・車のクラス(車種の指定はできません)
   どれくらい走るのか?人数や荷物の量などを考えて決めよう!
  ・保険
   保険適用や補償限度額は、利用するレンタカー(保険)会社やプランによって異なるので、よく確認した上で
   任意保険も検討しよう。
   〈カテゴリーの一例〉
   ・LP(Liability Protection) 自動車損害(対人対物)賠償保険
   ・LDE/CDW(Loss Damage Waiver/Collision Damage Waiver) 破損・紛失などによる車両の損害が
    補償される車両損害補償制度
   ・PAI(Personal Accident Insurance) 契約者と同乗者のための搭乗者傷害保険
   ・PEC(Personal Effects Coverage) 持ち物の盗難を補償する携行品保険
   ・LIS(Liability Insurance Supplement) 対人対物保険(LP)をアップする追加自動車損害賠償保険
   ・TP(Theft Protection) レンタカーが盗まれた際に免責される盗難保険

    ※事故にあった場合は必ず警察に届け出ること。保険の適用には、警察の証明が必要です!
     保険について、詳しくは各レンタカー会社、保険会社に確認すること。

★ワンポイント ―契約書(Rental Agreement)へのサイン―
 サインする前に契約書の内容を必ず確認しよう!
一旦契約書にサインすると、記載された条件を守る義務が発生します。また、署名された内容については異議申し立てができなくなるので内容を十分に理解した上でサインをすること。

 〈おもな確認点〉
  ・貸出日・返却日(Check Out Date・Check In Date)は、間違っていないか
  ・料金(Total Estimated Charge)は、自分の選んだプランに間違いないか
  ・任意保険(Optional Coverage)の内容

マイアミの走り方【交通】

一般的にアメリカの運転マナーは、日本よりかなり良いが、ここフロリダはそうとも言えない。方向指示器を使わない人も多く、無理な割り込みには特に注意が必要。危険を予測しながら走ろう。
基本的な交通法規は日本と変わらないが、アメリカでは、道路は右側通行、距離・スピードはマイル表示、安全確認ができれば赤信号でも右折ができるなど異なる点もある。最低限でも道路標識の意味だけは知っておきたい。

◆一般道
マイアミの本土側の道路名は、ダウンタウンのマイアミアベニュー(MIAMI AVENUE)とフラグラーストリート(FLAGLER STREET)の交差点を中心に、方角と数字になっているが、別称が付けられていることもある。
 ・アベニュー(AVENUE):南北(地図で見る縦の大通り)の通り
 ・ストリート(STREET) :東西(地図で見る横の通り)の通り
  番地は1ブロックごとに100番ずつ増える。

◆有料道路(TOLL ROAD)
フロリダ州には有料道路や有料の橋がとても多く、料金ポイントを通過するごとに通行料が必要となる。
また、最近は現金での支払いが出来ない料金ポイントが殆どなので、フロリダを走る際にはスーパー(Publix)やドラッグストアー(CVS, Walgreens)で
サンパス(SUNPASS)$5.00を事前に購入しておくと通行料が半額になる。
★但し、サンパス(SUNPASS)は購入後、使用前に車とクレジットカードを登録する必要がある。
★レンターカーの場合は必ず車の返却直前に取り外して、その後に登録を抹消する必要があるので要注意!

◆駐車場(PARKING LOT, PUBLIC PARKING)
マイアミやキーウエストでは、駐車場は有料。
ホテルで$15~30/日、ダウンタウンやビーチでは、$1.50~/時間ほど。
車内に物を置きっ放しにしないこと。

★ポイント1 駐車料金用に、小額紙幣や硬貨を準備しておこう!
★ポイント2 道路に駐車する場合は、料金支払い時にナンバープレートの入力が必要!
★ポイント3 ナンバープレートを入力して駐車料を支払った場合は、ダッシュボードにレシートをお書く必要なし!

上にもどる↑