H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

メキシコシティ

メキシコシティ-の観光、オプショナルツア-ならH.I.S. 人気NO1!ティオティオワカン遺跡、建築の規模を越えた近代建築家ルイスバラガン作品、夜はマリアッチとロマンチックディナ-、面白発見ツア-満載!

メキシコシティ

メキシコ【メキシコ概要】

正式名 メキシコ合衆国 Estados Unidos Mexicanos

メキシコは北米を構成する国の一つ。1特別連邦区と31州から成る合衆国。
【面積】 1、964、375平方キロメートル(日本の約5.2倍)
【時差】メキシコ国内は3つの時間帯(CST、MST、PST)に別れ、メキシコシティやカンクンなど大部分はCST帯で日本との 時差は15時間(サマータイム期間中、4月第1日曜~10月最終日曜までは14時間)

首都【メキシコ概要】

メキシコ・シティ Mexico City
(スペイン語ではシウダー・デ・メヒコ Ciudad de Mexico)メキシコ合衆国の首都。中南米やカリブの玄関。
特別連邦区-D.F.(Distrito Federal-連邦区)と呼ばれるが 周辺部分と合せてメキシコの人口の1/5以上、2,000万人 以上が ひしめく世界随一の都市。

◎高度2240mの都市。だから空気が薄い(低地の約3/4)
 そしてその空気は乾燥していて、大気汚染の影響も。
 そのため、疲れ易さ、頭痛、喉・鼻の痛み、違和感など感じられる方がいらっしゃいます。

出入国【メキシコ概要】

メキシコ入国の際、飛行機内で配布されるツーリストカード記入。最長180日間滞在できる(入国審査時に滞在日数が決まります)。入国審査の際、返される半券はメキシコ出国の際に必要。
    紛失しないように。

【パスポート】 入国時点で残存有効期間が滞在日数以上必要。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】 
◆ESTA(エスタ)
2009年1月12日から電子渡航認証システム(ESTA)が導入され、ビザなしで渡米する場合(陸路を除く)は出発3日(72時間)前までにインターネット( https://esta.cbp.dhs.gov/ )を通じて、入国許可を申請するよう義務付けられる。手順は、パソコンから https://esta.cbp.dhs.gov/ にアクセスし、トップページの右上にあるSelect Your Preferred Languageから日本語を選択して、GOのサインをクリックする。これで日本語の案内が表示されるので、操作手順に従って氏名や生年月日、パスポート情報、利用する航空便や米国での滞在先などを英語(ローマ字)で入力する。なお、登録受付は2008年8月1日から開始している。

通貨【メキシコ概要】

ペソ 100センタボ=1ペソ。US$1ドルは約12ペソの換金率
 
       1ペソ=約7円 2011/6月現在

人種【メキシコ概要】

メスティソ(混血)が80%以上を占めるといわれている。
先住民約10%、白人約10%。

言語【メキシコ概要】

公用語はスペイン語。
メキシコシティではホテル、空港以外はほぼ英語は通じません。

宗教【メキシコ概要】

約90%がカトリック

治安と安全対策【治安について】

人の多い空港やホテルロビーなどは置き引き、引ったくりなどに注意。夜は明るく、人通りの多いところを歩くように。
普段必要の無い貴重品や航空券などはホテルのセーフティボックスへ保管して下さい。またカメラなど持ち歩く際は、かばんの中へ。撮影するときだけ取り出すようにして下さい。

タクシ-・バス・地下鉄【交通機関】

流しのタクシ-(リブレ)は高額な金額を請求する可能性が10%はあると言われています。特にワーゲンタイプのリブレは注意が必要です。
タクシ-をご利用の際は、ラジオタクシ-(シティオ)、観光タクシ-を
ご利用下さい。バス・地下鉄などの利用時はスリに狙われやすいので注意して下さい。

チップ【マナ-】

サービスに対してチップを渡す習慣があり、目安としては、荷物を運んだ方にUSD$1~2ドル、レストランで 食事の際、合計金額の10~15%程。

上にもどる↑