H.I.S. North America

アメリカ・カナダ・メキシコの航空券,ホテル,オプショナルツアー,現地パッケージツアー,送迎のご予約ならhis-usa.com

カートを見る

カンクン

カンクンの観光、オプショナルツア-を探すならH.I.S.人気NO1!マヤの神秘に迫るチチェンイツァ遺跡、マングロ-ブの林を抜けるジャングルツア-、カリブの海賊船でのディナ-クル-ズ24時間楽しさ満載!

カンクン

カンクンの概要【カンクン情報】

珊瑚のかけらがカリブ海の潮の流れによって運ばれてつくられた真っ白な砂浜と、「限りなく透明に近いブルー」を思わせる真っ青なカリブ海。1969年からのメキシコ政府により観光開発計画は、この恵まれた自然環境を生かし「CANCUN」を世界的な規模を誇るリゾート地に成長させていきました。「CANCUN」とはマヤ語で「カン」は蛇「クン」は巣という意味でカンクンとは「蛇の巣」という意味のこと。

カンクンの観光スポットは大きくホテルゾーンとダウンタウン(セントロ)に分けられます。
カンクンホテルゾーンには100以上の豪華なホテルが立ち並び、マリン・アクティビティーやショッピングスポット、レストランが充実していて、バカンスを過ごすのに最適な環境です。
セントロには格安ホテルや地元の人のレストランがたくさんあり、現地のメキシコ人の生活を垣間見ることができます。
更にユカタン半島には古代マヤの遺跡が点在していて、カンクンから日帰りで行ける範囲には世界遺産「チチェン・イツァー」やカリブ海に面した神秘的な「トゥルム」遺跡などがあります。バカンスにショッピング、遺跡見学・・・多彩なツアープランを立てられるのもカンクンの魅力です。

カンクン気候【カンクン情報】

年間平均気温は約27℃。1年を通じて晴天率が高く、雨期でも泳ぐことができます。7月、8月の夏場は特に日本のように湿度が高いため、体感温度はかなり高いです。また9月が台風シーズンと言われていますが、年間を通しても一日中雨が降り続くことは少なくスコールのような激しい雨が降ってはすぐ止むパターンが多いです。




カンクン
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月 11月12月
最高気温(℃)
27.9
28.7
29.9
31.5
32.7
33
33.4
33.6
32.7
31
29.6
28.2
最低気温(℃)
20.6
20.7
21.5
23.4
24.4
25.2
25.2
24.8
24.7
23.8
22.7
21.2
降雨量 (mm)
74.0
39.7
49.6
55.2
116.7
142.1
95.2
142.7
189.8
173.5
108.1
78.2




東京
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月 11月12月
最高気温(℃)
8
10
13
16
22
24
28
30
26
22
17
12
最低気温(℃)
2
4
6
10
16
20
24
25
20
17
11
7
降雨量 (mm)
45.1
60.4
99.2
125.0
138.0
185.2
126.1
147.5
179.8
164.1
89.1
45.7

ビザ、パスポート【旅の準備】

旅券残存有効期間は日本国籍の場合、ビザなしでメキシコ出国予定日+1日以上が必要。また180日以内の観光旅行はビザは不要。ただしメキシコでは機内又は現地空港で入手できるツーリストカードが必要。

海外旅行傷害保険【旅の準備】

緊急のことを考えて旅行前に保険に加入する事を強くお勧め致します。治療費用以外にも賠償責任や盗難にあった場合でも保険が保証されます。

紙幣と硬貨【お金】

メキシコの通貨単位はペソ(Peso)。一般的にN$と表示される。ペソの補助単位がセンタボCentavo。N$=100Centavo。
流通している紙幣は、N$20、N$50、N$100、N$200、N$500、N$1000の6種類。各紙幣、色・大きさは違いますが、支払いのときには必ず数字を確認してから払うくせをつけましょう。
硬貨はペソが、N$1、N$2、N$5、N$10、N$20の6種類、センタボがC10、C20、C50の3種類。
ただしカンクンはアメリカ人旅行者が非常に多いので、米ドルの流通性が非常に高くなっております。現地での日本円からペソへの両替はレートが非常に悪いので、事前に米ドルを現金を用意されることをおすすめします。

クレジットカード【お金】

カンクンではほとんどのショップやレストランでクレジットカードが使え、適用度の高いのはVISAとMasterCard。紛失には充分気をつけましょう。現地で現金がなくなってしまった場合、日本円から直接両替するより、クレジットカードでキャッシングする方がお得です。
またホテルのチャックインのときにも、クレジットカードがないと多額の保証金を取られることになる場合があるので、クレジットカードを持っていない人は、この機会にぜひ1枚作っておきましょう。

両替【お金】

旅行の日程が決まったら、新聞で「本日のレート」をチェックしましょう。できるだけレートのいい日を選んで両替したいが、最初からそれほど多額の両替をする必要はありません。
トラベラーズチェックやクレジットカードを賢く利用するのも一つの手。現金やトラベラーズチェックは残ってもまた日本で両替しなければいけないし、両替のたびに手数料がかかります。

免税の範囲【出入国・空港】





品  名数  量備    考   
酒 類3本1本760cc程度のもの
タバコ紙巻200本 各タバコの本数は、他のタバコがない場合、2種類以上のタバコを輸入するときは送数量250gを超えない範囲で免税される。
葉巻50本
その他250g
香 水2オンス 1オンスは約28cc。
その他の品目20万円  海外市場の合計額。同一品目の合計額が1万円以下のものは算入する必要なし。

飲料水【カンクン情報】

基本的にホテルやレストランで出される水は蒸留水を使用しております。
しかしローカルな食堂で食事をする場合などは、安全のためにミネラルウォーターを飲むようにしましょう。レストランによっては煮沸した飲料水を出すお店もありますが、氷が殺菌処理されていないケースが多いので、注意です。
スーパーや雑貨店などでミネラルウォーターは購入できますので、カンクンに着いたらまずボトルウォーターを買って、飲み水の確保をしておきましょう。

チップ【カンクン情報】

日本にチップの習慣がないせいでついついケチりたくなるのがチップだが、サービスに満足したら、「チップは気風の見せ所」と思って気持ちよく渡したい。
たとえば、レストランで日本人観光客がいつも気前よくチップを置いていたら、日本人のお客さんが来るたびにサービスがよくなるのが人情というもの。ひどいサービスを受けてまで払う必要はないが、それなりのサービスを受けたなら、感謝の気持ちは忘れずに残したい。
なかには小銭がよくわからないからと、余った小銭をジャラジャラと置く人がいるが、これは失礼と言うもの。
1ドル札は日本円にしてわずか100円前後。どんな場合でも、チップはお札で最低1ドル以上が礼儀。
あまり少ない金額だと受け取る側に不快感を与えるので注意しよう。

レストラン
レストランでは、基本的にチップが必要だ。伝票を受け取ったら必ずオーダーに間違いがないかチェックして、税金(TAX)が含まれる前の総額に、朝食、ランチなら15%程度、ディナーなら20%程度を置いておく。といってもこれはあくまで目安なので、電卓を使ってきっちりと15%を計算する必要はない。キリのいいところで、適当においておけば大丈夫。たとえば、コーヒーしか飲まなかったとする。コーヒー1杯$3.50だとしても、やはりチップは$1残そう。

支払い方法
たいていウエイトレスが支払いまで面倒を見てくれるので、伝票を受け取ったら現金あるいはクレジットカードを伝票と一緒においておく。そうするとウエイトレスが清算して、お釣りあるいはクレジット伝票を持ってくる。
現金でチップを渡す場合は、伝票が入っていたトレイに置いて帰る。
クレジットカードで渡す場合は、清算して持ってきたクレジット伝票の「TIP」の欄に渡したいチップの額を書きこみ合計を出す。
クレジットカードで払うのであれば、チップも一緒に書きこむほうが便利。現金で渡したいのに適当な紙幣がない場合がある。たとえば、二人で$20だったから$3でいいのに、手元に$10紙幣以上しかないとき。ウエイトレスに現金で支払うと、たいていはチップを残しやすいように$1札などを混ぜてお釣りを持ってくるのだが、たまたまどうしてもなかったら、ウエイトレスに言って両替してもらえばいい。同じ$3でも、小銭をかき集めて支払うのは失礼に当たるので要注意。

ホテル

ルームサービス
ルームサービスを頼んだらやはり15%程度のチップは必要。
ただし伝票にすでにサービス料が含まれている場合は必要ないので、よく伝票を見て確認しよう。

ベルボーイ
荷物を持ってきてもらったら、荷物ひとつにつき$1を渡す。スーツケース程度なら$1でいいが、とくに重たかったり大きな荷物がある場合はいくらか多めに。

上にもどる↑